新着記事

カテゴリ

アーカイブ

かしこいクルマの使い方を考えてみませんか?

クルマ利用はほどほどに!

クルマで京都が見えますか?

スローライフ京都大作戦!「クルマで恋をとめないで」

歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」

「歩くまち・京都」憲章

インフォメーション

パーク&ライド

レンタサイクル

京都市情報館

公益社団法人京都市観光協会

京都観光NAVI

きょうと修学旅行ナビ

サイトマップ

【京阪電車】京阪特急で春の京都、比叡山へ!【終了】

京阪電気鉄道株式会社では、3月21日(土・祝)から5月6日(水・休)の土曜日と休日に、京阪線において京都方面へのお出かけに便利な「春の特別ダイヤ」を実施します(通常の土曜・休日ダイヤからダイヤを変更して運転します)。
昨年秋に京橋-七条間の所要時間を約40分から35分へと大幅に短縮し、大変ご好評をいただいた快速特急「洛楽」が、この春も京都観光に便利な列車として登場します(午前の京都方面行き5本、午後の大阪方面行き5本)。快速特急「洛楽」には、京都へのお出かけに相応しいエレガント・サルーン8000系特急用車両を使用し、「ちょっとしたぜいたく感」を味わえます。さらに、一部の快速特急「洛楽」は、「比叡山」「鞍馬・貴船」「大原」各方面への連絡列車として運転します。また、午後にも大阪方面行きの「洛楽」を運転、お帰りも“らくらく”です。
なお、これに合わせ、その他の列車運転時刻(交野線を除く)を変更いたします(昨年秋の特別ダイヤと同じ内容)。

京阪線 春の特別ダイヤ(土曜日・休日)について
実施期間

平成27年3月21日(土・祝)~平成27年5月6日(水・休)の土曜日・休日

※春の特別ダイヤ(土曜日・休日)の詳しい情報につきましては、3月上旬
 頃より京阪電車公式サイト〔電車・駅のご案内〕でご案内する予定です。
 また、3月11日(水)頃よりポケット時刻表を各駅に設置する予定です。

“京橋-七条間ノンストップ”快速特急「洛楽」について
運転日 春の特別ダイヤ(土曜日・休日)実施日
停車駅 淀屋橋、北浜、天満橋、京橋、七条、祇園四条、三条、出町柳
出発時刻

〈上り:淀屋橋駅発→出町柳駅行き〉

※淀屋橋駅9時発から11時発まで30分おきに計5本運転
※淀屋橋-出町柳間50分、京橋-七条間35分で運転
※京橋駅を出ますと七条駅までの途中の駅にはとまりません

〈下り:出町柳駅発→淀屋橋駅行き〉

※出町柳駅15時43分発から17時43分発まで30分おきに計5本運転
※出町柳-淀屋橋間51分、七条-京橋間35分で運転
※七条駅を出ますと京橋駅までの途中の駅にはとまりません

「比叡山」「大原」「鞍馬・貴船」各方面への連絡について

 (1)比叡山方面 

淀屋橋駅9:00発快速特急「洛楽」を「比叡山連絡 洛楽」として運転します。
この列車にご乗車いただきますと、出町柳駅10:07発の叡山電車八瀬比叡山口駅行き「きらら」に連絡します。
(淀屋橋駅8:54発快速急行も「比叡山連絡」として運転します)

〔実施期間:3月21日(土・祝)から5月6日(水・休)までの土曜日・休日〕

 (2)鞍馬・貴船方面 

淀屋橋駅10:00発及び10:30発快速特急「洛楽」を「鞍馬・貴船連絡 洛楽」として運転します。この列車にご乗車いただきますと、出町柳駅11:00発及び11:30発の叡山電車鞍馬駅行き「きらら」に連絡します。
(淀屋橋駅9:50発及び10:20発特急も「鞍馬・貴船連絡」として運転します)

〔実施期間:3月21日(土・祝)~5月6日(水・休)までの土曜日・休日〕

 (3)大原方面 

淀屋橋駅9:30発快速特急「洛楽」を「大原連絡 洛楽」として運転します。この列車にご乗車いただきますと、出町柳駅10:35発の京都バス大原行き「特急バス(途中、八瀬駅前のみ停車)」に連絡します。
(淀屋橋駅9:24発快速急行も「大原連絡」として運転します)

〔実施期間:4月29日(水・祝)から5月6日(水・休)までの土曜日・休日〕

※いずれも、京阪電車が遅延した場合等、事情により連絡できない場合があります。
※連絡の叡山電車・京都バスが満員となった場合は後続の便にご乗車いただきます。

通常期土曜・休日ダイヤからの主な変更点について

(1)「洛楽」運転時間帯の1時間あたり特急等運転本数


※上記以外の時間帯及び方面についての特急等運転本数は、通常期土曜日・休日ダイヤ
 どおりです

(2) 昼間時間帯の急行・準急・普通の基本運転パターン変更(1時間あたり運転本数)
  (上り11時頃~17時頃、下り12時頃~14時頃)

(3) 交野線・宇治線
  ほぼ通常期土曜・休日ダイヤどおりです。ただし、宇治線につきましては、一部時間帯
  におきまして、発着時刻を変更します。

平日ダイヤについて

通常の平日ダイヤで運転します。

(1)8000系車両について

平成元年、鴨東線(三条-出町柳間)開通に合わせ、特急用車両としてデビュー。座席は京阪電車特急用車両の伝統である「2人掛け転換式クロスシート」で、外観は黒味を帯びた窓が洗練された印象を与えています。
平成9年から10年にかけてはダブルデッカー車(2階建て車両)を増結。
平成20年より開始した京阪線全車両のカラーデザイン更新に合わせ、車体上部が赤色(エレガント・レッド)、下部が黄色(エレガント・イエロー)、帯線が金色(エレガント・ゴールド)を用いて、京阪線車両ではもっともグレードが高い「エレガント・サルーン」として設定。
十二単や紅葉、祝祭、金蒔絵など古都・京都を連想させるカラーデザインになりました。
そして、平成22年から24年にかけては内装リニューアルを実施し、内装デザインや機能面でもワンランク上の快適さを実現。特別料金が不要な特急用車両としての評価は高く、デビューから25年を迎える今もなお京阪特急の主役車両として活躍しています。

※事情により、やむを得ず「洛楽」を他の車両で運転する場合があります

 

(2)京阪特急のご乗車について

京阪特急は、「特急料金不要」。運賃のみでご乗車いただけます。

〈主な区間の大人運賃〉

※京橋-七条間ノンストップ 快速特急「洛楽」も運賃のみで乗車可能です(予約不要)
※小児運賃は大人運賃の半額です(10円未満の端数は10円単位に切り上げ)
なお、京都方面へは、「鞍馬・貴船1dayチケット」「大原・八瀬 1dayチケット」「比叡山1dayチケット」「嵐山・東山1day チケット」など、おトクなチケットを発売しています。詳しくは京阪電車公式サイト〔電車・駅のご案内〕をご覧ください。

詳細リンク ~京阪特急で春の京都、比叡山へ! 京阪線で「春の特別ダイヤ」を実施~

 



pagetop