新着記事

カテゴリ

アーカイブ

かしこいクルマの使い方を考えてみませんか?

クルマ利用はほどほどに!

クルマで京都が見えますか?

スローライフ京都大作戦!「クルマで恋をとめないで」

歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」

「歩くまち・京都」憲章

インフォメーション

パーク&ライド

レンタサイクル

京都市情報館

公益社団法人京都市観光協会

京都観光NAVI

きょうと修学旅行ナビ


【叡山電車】新しい観光用車両 『ひえい』,3月21日デビューします!!

 叡山電鉄株式会社では、観光用車両「ひえい」のデビュー日を2018年3月21日(水・祝)に決定しましたのでお知らせいたします。
 3月21日(水・祝)は、冬の期間に運休している叡山ケーブル・ロープウェイ、比叡山内シャトルバスなど、京都側から比叡山へ向かう交通機関が運行を再開し、「山と水と光の廻廊<比叡山・びわ湖>」の道しるべを目指す「ひえい」の運行開始にふさわしい日です。
 また、この「ひえい」は、近年増加する海外からのお客さまへの対応として、従来車両よりも外国語の案内を充実させたほか、車内には車いす・ベビーカースペースを設置し、バリアフリーへの配慮も行った車両としています。
 京都中心部から気軽に行ける、身近な自然空間「八瀬・比叡山」へ。今春はぜひ「ひえい」でお出かけください。



愛称 ひえい (英文表記)HIEI

【愛称の由来】
 この列車の運行を予定している叡山本線(出町柳駅~八瀬比叡山口駅間)は、1925(大正14)年9月27日、霊峰比叡山への参拝アクセスとして営業を開始しました。以来、観光の足、生活の足として、多くのお客さまにご利用いただいております。
 そして現在、京阪グループ全体で取り組んでいる、京都中心部から八瀬、比叡山を経由し、坂本、びわ湖に至る観光ルート「山と水と光の廻廊<比叡山・びわ湖>」をさらに活性化させ、その道しるべとなるよう「ひえい」と決定しました。
表記は、1997(平成9)年から運行している展望列車「きらら」と同じくひらがなとすることで、わかりやすさと親しみやすさを持たせています。
運行開始日 2018年3月21日(水・祝)
運行区間 叡山本線 出町柳駅 ~ 八瀬比叡山口駅
運行日 火曜日を除く毎日
(ただし、定期点検時などは長期運休期間が発生します)
運行時刻表 <平日>

 ※図をクリックすると拡大表示します


<土曜・日曜・祝日>

 ※図をクリックすると拡大表示します
運賃 乗車区間の普通運賃(特別料金は不要です)
【例】出町柳駅~八瀬比叡山口駅
   大人(片道):260円
   小児(片道):130円
車両の特徴 【外装デザイン】

叡山電車の2つの終着点にある「比叡山」と「鞍馬山」の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワーなど、「神秘的な雰囲気」や「時空を超えたダイナミズム」といったイメージを「楕円」というモチーフで大胆に表現しています。 また、側面に配されたストライプは比叡山の山霧をイメージしています。

【内装デザイン】

座席にはゆったりとしたバケットシートを採用。お客さま一人ひとりの着席スペースを明確にするとともに座り心地の向上を図っています。照明には、当社の車両では初めてLEDダウンライトを採用し、今までの当社車両とは違った非日常感を演出しています。

【バリアフリーへの対応】
八瀬比叡山口駅側のドア付近に車いす・ベビーカースペースを1か所設けます。

【海外からのお客さまへの対応】
車外の行先表示器は日本語のほか、英語、韓国語(ハングル)、中国語(簡体字)の4か国語で表示します。


【ロゴマーク】

Spiritual Energy(スピリチュアル・エナジー)
大地から放出される気のパワーと灯火を抽象化しています。
詳細リンク 叡山電車「ひえい」特設サイト


pagetop