新着記事

カテゴリ

アーカイブ

かしこいクルマの使い方を考えてみませんか?

クルマ利用はほどほどに!

クルマで京都が見えますか?

スローライフ京都大作戦!「クルマで恋をとめないで」

歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」

「歩くまち・京都」憲章

インフォメーション

パーク&ライド

レンタサイクル

京都市情報館

公益社団法人京都市観光協会

京都観光NAVI

きょうと修学旅行ナビ

サイトマップ

【嵐電】春の鳴滝能の開催について【終了】

杉浦能舞台で、観世流能楽師・杉浦豊彦による「春の鳴滝能 ―行燈能―」を開催します。
日本の伝統芸能「能」をわかりやすく、どなたにもお気軽にお楽しみいただけます。
演目「能 花月」の演能前の解説や、能装束着付けの実演などもご覧いただけます。
この機会に、能の世界に触れてみませんか?

期  日 平成27年5月31日(日)
時  間 11時(開場10時30分)/14時30分(開場14時)
料  金 3,000円
会  場 杉浦能舞台(嵐電「鳴滝」駅下車すぐ)
内  容 recommend692-1 演目解説        20分
能装束着付け実演    30分
演能 (演目「花月」) 40分

 花月(かげつ)あらすじ
 我が子が失踪したことに世をはかなみ出家し、
 諸国を巡っている左衛門。
 清水寺に参詣すると、門前に面白い遊芸を
 する少年がいると聞く。
 寺男の勧めでその少年の舞を見ると、まさに
 我が子花月であることに気付く。
 聞けば花月は天狗に襲われ諸国の山を巡った
 という。
 再会を喜んだ父子は一緒に修行の道を歩むの
 であった。

 出 演 者
 【シ テ】 杉浦 豊彦(花月)
 【ワ キ】 有松 遼一(旅僧)
 【間狂言】 茂山 良暢(清水寺門前の者)
 【 笛 】 左鴻 泰弘
 【小 鼓】 林  大和
 【大 鼓】 渡部  諭
 【後 見】 松井 美樹
 【地 謡】 深野 貴彦
       宮本 茂樹
       杉浦 悠一朗

主  催
主 催 : 杉浦能楽会
後 援 : 京福電気鉄道株式会社
参加申し込み
方法
事前申し込み制
お電話またはファックス、Eメールにてご希望の回(午前・午後)、お名前、ご参加人数、ご連絡先をお知らせください。

【杉浦能楽会事務所】
 TEL・FAX:075-462-2665
 携帯     :090-3894-8404
 E-MAIL :toyo@noh-sugiura.com

※当日のキャンセルはご遠慮ください。
 万一キャンセルされる場合は、前日17時までにご連絡ください。
アクセス 【嵐電をご利用の場合】
「鳴滝」駅下車すぐ

【京阪電車をご利用の場合】
「三条」駅より地下鉄東西線に乗り換え「太泰天神川」駅下車、嵐電「嵐電
 天神川」駅より
「帷子ノ辻」駅経由、「鳴滝」駅下車すぐ

【阪急電車をご利用の場合】
「大宮」駅より、嵐電「四条大宮」駅に乗り換え「帷子ノ辻」駅経由、
「鳴滝」駅下車すぐ

150316keihuku_narutakinou_Spring_A4

詳細リンク 観世流能楽師・杉浦豊彦氏がお届けする「春の鳴滝能」(5/31)開催について


pagetop