新着記事

カテゴリ

アーカイブ

かしこいクルマの使い方を考えてみませんか?

クルマ利用はほどほどに!

クルマで京都が見えますか?

スローライフ京都大作戦!「クルマで恋をとめないで」

歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」

「歩くまち・京都」憲章

インフォメーション

パーク&ライド

レンタサイクル

京都市情報館

公益社団法人京都市観光協会

京都観光NAVI

きょうと修学旅行ナビ

サイトマップ

【京都市交通局】平成28年3月実施の市バス新ダイヤについて【終了】

京都市交通局では,これまでから定期的に市バスの利便性向上を図るダイヤ改正を実施しています。
この度,「京都鉄道博物館の開業」,「京都駅南口の駅前広場整備」,「地域主体のモビリティ・マネジメントと一体となった路線・ダイヤの拡充」の3つの観点を中心に,市バス路線・ダイヤの充実を図る「平成28年春 市バス新ダイヤ」を実施します。
今後とも,市民の皆様や観光で京都を訪れる皆様に,これまで以上に親しまれ,より一層ご利用いただける魅力あふれる市バスを目指してまいります。

主な実施内容
 京都鉄道博物館が開業する梅小路公園へのアクセス強化
a    ・京都駅からのシャトルバスの増便をはじめ,地下鉄,阪     急,京阪等の各鉄道駅からのアクセスを強化します。
   ・梅小路公園と四条大宮・二条駅方面とを結ぶ路線を新設
    するとともにまちなかの四条河原町界わいや,東山・岡
    崎エリアなどの観光スポットとを結ぶ路線を増便します。

  【梅小路公園への運行回数】
   土曜ダイヤの場合:475回 ⇒ 520回 程度

 京都駅南口駅前広場整備に合わせた路線・ダイヤの充実
   ・国内外からの多くの観光客でにぎわう伏見稲荷大社への急行系統を新設します。
   ・京都駅八条口への乗入れを,新設を含め3系統から7系統に拡大し,あわせて東寺や東福寺
    など市南部の主要観光スポットとを結ぶ路線を増強します。

  【京都駅八条口(アバンティ前を含む)停留所の発車回数】
   平日ダイヤの場合:374回 ⇒ 470回 程度

 地域主体のモビリティマネジメント(MM)と一体となった路線・ダイヤの充実
   ・継続したMMの取組により,お客様が増加している系統の増便を行います。
   ・市バスの利用促進の機運が高まり,新たなMMの取組が進む地域において,増便や新たな
    運行を行います。

  【平日ダイヤの場合 合わせて43回増便】

 利便性と分かりやすさの向上
    【西大路通の増便】
    通勤,通学や観光のご利用が多い西大路通の混雑緩和のため,朝ラッシュ時間帯や昼間時間
    帯に増便を行います。

     【平日ダイヤの場合:264回 ⇒ 275回】

    【愛称で案内する系統の番号表示への変更】
    急行系統を100番台とするとともに,合わせて6つの系統で新たに番号表示を行います。

   (例)・急行110号系統 (現行:岡崎・東山・梅小路Express)
      ・86号系統(現行:水族館・東山ライン)  など

    【停留所の新設,名称変更,付加呼称の設定】
     区役所への来庁者の利便性向上や新たな路線の運行開始に伴い,停留所の新設や分かり
     やすいバス停名称への変更を実施します。

   (新   設)西京区役所前,河原町八条,城南宮
   (名称変更)梅小路公園 ⇒ 梅小路公園・京都鉄道博物館前
   (付加呼称)南福西町  ⇒ 南福西町(竹林公園前)
実施予定日
平成28年3月19日 土曜日
参照
平成28年3月実施の市バス新ダイヤについて
平成28年3月実施の市バス新ダイヤについて(別紙)
問合せ先 交通局 自動車部運輸課 TEL: 075-863-5132
詳細リンク 【広報資料】平成28年3月実施の市バス新ダイヤについて

【京都市交通局】”地下鉄に乗るっ”ポスターコラボレーション企画 2nd Season~本年第3弾は,「ロームシアター京都」!【終了】

京都市交通局では,平成26年度から,地下鉄沿線施設の活性化を通じて,地下鉄の利用促進を図るため,“地下鉄に乗るっ”シリーズと地下鉄沿線施設とのコラボレーション企画を実施しています。
2期目の第3弾として,平成28年1月10日(日曜日)にリニューアルオープンを迎えるロームシアター京都とコラボレーションした企画を下記のとおり実施しますので,お知らせします。
今回は,ロームシアター京都とのコラボレーションポスターを制作し,掲出するとともに,同ポスターのプレゼントの実施やポスターデザインの市営地下鉄1DAYフリーチケットを発売します。
この機会に,是非地下鉄・市バスに乗ってお出掛けください!

コラボレーションポスターの制作及び掲出
2015_poster03_for_HP 今回のポスターでは,「ロームシアター京都」で開催される公演
のチケットを差し出す「小野ミサ」と,「ロームシアター京都」
が位置する岡崎エリアを循環運行する市バス「京都岡崎ループ」
のプラモデルを持った,地下鉄マスコットキャラクター「都くん」
と市バスマスコットキャラクター「京ちゃん」が,一緒に「 ロー
ムシアター京都に」向かう様子が描かれています。
また,背景には,「『ロームシアター京都』メインホール」の
舞台と,西欧歌劇場の様式を踏襲した4層バルコニー形式の客
席空間が描かれています。

【掲出期間】
 平成28年1月6日(水曜日)から約3箇月間

【掲出場所】
 地下鉄駅構内,地下鉄中吊り広告枠,ロームシアター京都 など
ポスタープレゼントの実施
対象期間中,下記の必要条件を満たした方を対象に,PRポスター(B1サイズ又はB2サイズ,いずれか1枚)をプレゼントします。

 ※ お一人様1枚限り
 ※ B1サイズ,B2サイズそれぞれ先着200名様(なくなり次第終了)

【期  間】
 平成28年1月12日(火)~平成28年2月20日(土)

【受付場所】
 ロームシアター京都総合案内(1階プロムナード)

 ※ 受付は,午前10時~午後7時(無休)。

【必要条件】
 以下のア又はイの必要条件を満たした方を対象とします。

 ア.当日御利用の「市営地下鉄1DAYフリーチケット」と,下記(A)~(D)のいずれかの条件
   を満たすことを証するものを御提示ください。


   (A) ロームシアター京都オープニング事業のチケット等(公演終了後のチケット半券や
      予約したことが分かるものも可)を持参いただいた方
      ※オープニング事業についての詳細は こちら を御覧ください。

   (B) ロームシアター京都内のレストラン等の施設を御利用されたことが分かるレシートを
      提示いただいた方


   (C) 京都コンサートホールClub会員の方

      ※ 会員証等会員であることが分かるものを御持参ください。

   (D) 新たに京都コンサートホール・ロームシアター京都CLUB会員になっていただいた方

      ※ 年会費を支払ったことが分かるものを御持参ください。
      ※ 京都コンサートホール・ロームシアター京都Club会員の詳細(入会手続き等)に
        ついては,ロームシアター京都又は公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団の
        HPを御覧ください。

       【ロームシアター京都】
         http://rohmtheatrekyoto.jp/
       
       【公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団】
         http://www.kyoto-ongeibun.jp/index.php
       

 イ.当日御利用の「市バス・京都バス一日乗車券カード」と,京都岡崎ループ車内に設置して
   いる指定のチラシを御提示ください。


   ※ 指定のチラシは,当コラボレーションポスターデザインが目印です。
   ※ チラシは,平成28年1月12日(火)から,京都岡崎ループ車内に設置していま
     す。なお,チラシはなくなり次第,配布を終了します。

コラボレーションポスターデザインの乗車券発売
  ポスターデザインの市営地下鉄1DAYフリーチケット(7万枚)
  を以下のとおり販売します。
販売日 平成28年2月27日(土曜日)(予定)
販売場所 地下鉄各駅窓口,市バス・地下鉄案内所
(参考1)ロームシアター京都について
これまで50余年にわたり“ 文化の殿堂” として親しまれてきた「京都会館」は,平成28年1月10日に「ロームシアター京都」としてリニューアルオープンします。
バレエやオペラなどの大規模な総合舞台芸術が公演可能な2005席を有する「メインホール」,舞台と客席の距離が近く,舞台との一体感を得られる716隻を有する「サウスホール」,リハーサル室として利用可能な「ノースホール」の3つのホールに加え,ブック&カフェ,レストランのあるパークプラザを備えます。

開館からの1年間は多彩なオープニング事業を行いますので,是非皆様お越しください。
(参考2)“地下鉄に乗るっ”について
「地下鉄に乗るっ」を合言葉に,地下鉄・市バス応援キャラクター「太秦萌」とその幼なじみの「松賀咲」,「小野ミサ」の三人が京都市営地下鉄を応援するシリーズ。
3人は,京都市内の高校に地下鉄を使って通う高校2年生。
平成26年度から,地下鉄沿線施設とのコラボレーション企画を展開している。

tikatetuninorusyoukairogo
(参考3)京都岡崎ループについて
岡崎エリア内を回遊し,更には地下鉄や京阪電車の駅,市内中心部の河原町通を結ぶ市バス。 岡崎エリアには,リニューアルオープンするロームシアター京都をはじめ,再整備中の美術館や全面リニューアルした動物園などの文化施設,南禅寺や平安神宮などの寺院・神社など,観光スポットが集積しています。 魅力満載の岡崎エリア巡りには,市バス「京都岡崎ループ」を御利用ください!

bus
問合せ先 交通局 高速鉄道部 営業課 TEL: 075-863-5218
詳細リンク 【広報資料】”地下鉄に乗るっ”ポスターコラボレーション企画 2nd Season~本年第3弾は,「ロームシアター京都」!

【京都市交通局】コンビニ「サークルK」と連携した「バスの駅」が10店舗に拡大!

 京都市交通局では,より快適なバス待ち環境を創出するため,地域や民間事業者の皆様及び関係機関に御協力いただき,「バスの駅」設置事業を推進しています。
 本年7月には株式会社サークルKサンクスと「バスの駅」の設置に関する協定を締結し,9月に「サークルK西京極店」,11月に「サークルK東山清水坂店」の店内に「バスの駅」を設置しました。
 この度,新たに8店舗に「バスの駅」を下記のとおり設置しますので,お知らせします。
 今回設置する「バスの駅「サークルK」」では,ゆったりとバスをお待ちいただけるよう,6店舗でテーブルや椅子を設置する他,全ての店舗にバス接近表示器を設置し,店内のお客様にバスの到着をお知らせします。
 お買い物を楽しみながらバスをお待ちいただける「バスの駅「サークルK」」が10店舗に拡大し,ますます便利になる市バスを是非御利用ください。

供用開始日及び設置店舗等
k-bus01
(参考)各店舗の場所
k-bus02 k-bus03
問合せ先 交通局 自動車部技術課 TEL 075-863-5154
詳細リンク 【広報資料】コンビニエンスストア「サークルK」と連携した「バスの駅」が10店舗に拡大!

【京福電車】嵐電1日フリーきっぷ『福くるきっぷ』を発売します【終了】

嵐電は、12月26日(土)から1月11日(月・祝)までの期間、通年発売の「嵐電1日フリーきっぷ」に、お正月限定特典を追加した『福くるきっぷ』を数量限定で発売します。
嵐電沿線には数多くの神社仏閣があり、日本唯一の「髪の神社」や「お酒の神様」「映画の神様」などご利益の種類も豊富です。初詣は嵐電の『福くるきっぷ』で沿線のご利益めぐりをお楽しみください。
『福くるきっぷ』をご購入の際には、来年の干支(申)の根付ストラップを差し上げます。


福くるきっぷ
【発売期間】 平成27年12月26日(土)~平成28年1月11日(月・祝)
       ※売り切れ次第終了
2015fuku 【通用期間】 購入日当日限り
【発売金額】 大人500 円(大人のみ)
【発売場所】 四条大宮駅、帷子ノ辻駅、嵐山駅、北野白梅町駅
【内  容】 嵐電1日フリーきっぷ
      (嵐電1日乗り降り自由 + 沿線社寺約30ケ所の特典)            +
       お正月限定特典
           +
       招福干支根付ストラップ
詳細リンク ~皆さまにたくさんの福が訪れますように~ 嵐電1日フリーきっぷ『福くるきっぷ』を発売します

【京阪バス・京都市交通局】山科区の公共交通の利便性向上に向けた取組の実施について

~バス停上屋が新しくなります~

 山科区公共交通利用促進協議会では,山科区の公共交通の利便性向上に向けて,様々な具体策について,協議・検討・実施をしてきました。
 この度,山科区の公共交通をますます便利に,そして快適にするため,下記のとおりバス停の上屋を整備しますので,お知らせします。

取組概要 (1)平成25年4月に,山科区で初めてとなる「広告付きバス停上屋」が
  外環三条バス停(南行)に設置されました。
yamashina-busstop01

(2)今回,新たに山科区内の「竹鼻(北行・南行)」,「山階校前(北行)」
  の3箇所,更に,まちなかから山科区内へのアクセスとなる「四条河
  原町(南行)」に広告付き上屋を整備します。

(3)屋根とベンチを一体的に整備し,快適なバス待ち環境を提供するとと
  もに,安心・安全への配慮のため,夜も明るい照明設備を設置します。
供用開始日 平成27年12月20日(日)
設置箇所図 ★ ←PDFファイル
参考 1 設立背景
 ・山科区役所では,平成22年度に,山科区の公共交通の利便性向上に向け
  て,学識者,地元団体,交通事業者,市民公募委員,関係行政機関をメン
  バーとした,「山科区交通問題研究会」を設置し,山科区の交通問題の解
  決に向けた対策及び報告書の作成を行った。
 ・「山科区交通問題研究会報告書」(平成23年3月)では,交通事業者と
  関係行政機関による「山科区公共交通利用促進協議会」を設置し,具体的
  な改善方策を検討していくよう提言があった。
 ・提言に基づき,平成23年5月に当協議会を設置し,これまで10回の会
  議を開催した。

2 構成メンバー
 京阪バス株式会社,京都市都市計画局歩くまち京都推進室,
 京都市交通局自動車部・高速鉄道部,山科区役所(事務局)

3 取組内容
 (1)地下鉄と京阪バスとの連携を強化する取組
 ・京阪バス時刻表を地下鉄構内に掲示
 ・地下鉄等と京阪バスの路線図及び時刻表を記載した「公共交通とくらし“
  地下鉄周辺おでかけマップ”」を山科区内の全地下鉄駅ごとに作成し,各
  学区へ全戸配布を行い公共交通利用促進を周知

 (2) バス待ち環境改善の取組
 ・25年4月,区内で初めての「広告付きバス停上屋」を外環三条に新設
 ・25年4月,交通局が京阪バスに譲渡する形で,区内10箇所のバス停
  ベンチを更新,1箇所新設
 ・27年9月5日,鏡山学区からの要望を受け,京阪バスにおいて,京阪・
  地下鉄御陵駅出入口4の近くにバス停を新設

 (3) 新たな交通システムの導入の取組
 ・現在,小金塚地域で行われている私道の本市への道路移管完了後に公共交
  通を速やかに導入できるよう,「小金塚地域公共交通導入検討会議」を
  24年度に立ち上げ,同年12月7日から13日までの一週間,交通社会
  実験としてバスを走らせた。
 ・京阪バスにおいて,25年3月から,2年間の実証運行が実施された鏡山
  循環系統バスについて,鏡山学区自治連合会と山科区役所が連携した,
  「地域と連携したモビリティ・マネジメント」を実施し,その結果,27
  年3月から本格運行となった。
問い合わせ 山科区役所   (地域力推進室    TEL:592-3088)
京阪バス株式会社(経営企画室     TEL:682-2310)
交通局     (自動車部技術課   TEL:863-5154)
都市計画局   (歩くまち京都推進室 TEL:222-3483)
詳細リンク 【広報資料】山科区の公共交通の利便性向上に向けた取組の実施について

 


pagetop